えべっさんではじめよう

IMG_20160108_202216

あけましておめでとうございます。

2016年第一発目は、『十日えびす』に二人でお参りに行ってまいりました。
京都夷神社に参拝して、おみくじを引いて、居酒屋さんで一杯。
お神楽の音や宵宮の雑踏の音をバックにふたりのノンキトークをお楽しみください。
居酒屋のバックで聞こえる酔っぱらいカップルの声や有線の曲も密かに聞き所。
というわけで、本年も『でたとこラヂオ』、気負わずやってまいりますので、
どうぞごひいきに。

杉本恭子さんとの対話

detatoko
ゆるゆるの金沢行きから一転、
気を取り直しましてちゃんとやりました。
今回ゲストにお呼びした杉本恭子さんは、
知る人ぞ知る、日本でいちばんお坊さんに詳しい
ライターさん。お坊さんを取材しようと
思ったきっかけは?取材を続ける中で
たどり着いた境地とは?!ライター杉本恭子の
仏教トークに浸る51分36秒。

金沢二人旅、後編。

金沢のあんなとこや、こんなとこで収録して、
旅の醍醐味を伝えよう!といろいろ思っていたはずが…。
金沢に魂を置き忘れたまま、二人は無事帰れるのか?
旅の空、ならぬ上の空なトークと電車の音が気持ちよい
特別編、後編。

20150509

緊急特番 アニメ朱日記はこうして生まれた!


4月10日に国書刊行会から発売された
中川学×泉鏡花第3弾絵草紙「朱日記」。
その発売直前にUPされたPV「アニメ朱日記」は
各方面の度肝を抜きました。
仕掛人の中川学と、音楽制作の山口智、
そしてアニメーション制作の青木香をゲストに迎え、
その制作過程の貴重な証言を収録しました。
途中、前作「絵本化鳥」の装丁&アートディレクションを
担当した泉屋宏樹も飛び入り参加し、
アニメ朱日記のクリエイティブについて
立体的に語られる1時間。

ミュージシャン、ロビンロイド特集2

IMG_2882

音楽療法士として活躍するロビンロイドさんを
ゲストにお迎えしての2回目。
今回は民族楽器奏者としてロビンロイドさんの活動に
スポットを当てます。
山口智とロビンロイドさんの音楽談義は必聴。
二人が関わった伝説の名盤
「Yamamoto Kosei with TASMANIA」
の音源を流しつつ、貴重な制作裏話が展開されます。
即興音楽の奥義が語られる1時間!!

IMG_2883
ロビンさんのホームページ
http://www.robbin-muse.info/

ミュージシャン、ロビンロイド特集1

久々のでたとこラヂオは、
京都在住の民族楽器演奏者にして音楽療法士、
ロビンロイドさんをゲストにお迎えして、
2回に渡ってお送りいたします。
前編は主に中川学とロビンロイドさんの活動について。
二人の出会いから、瑞泉寺ライブ、絵本づくり、
そして現在毎月瑞泉寺で行われている瞑想会「朝ユガ」まで、
ロブさんのセラピストな部分に迫る1時間。
ロブさんの、中川よりも達者な日本語が聞きどころです(^^)
http://www.robbin-muse.info/
http://blog.kobouzu.net/?eid=1425312

※ロビンロイド&中川学の絵本
『Happy Birthday Mr.B!』『一年に一度のアイスクリーム』の購入をご希望の方は、
ロビンロイドもしくは中川学までお問い合わせください。
ロビンロイド/FAX 075-752-1941
中川学/メール gaku@kobouzu.net

IMG_2879

山口智特集

久々のでたとこラヂオは、
山口智さんの楽曲をしみじみ聞こうという趣向。
(やっぱり番組中に音楽が流れるって、いいですね^^)
龍潭譚からはじまって、意外なルーツミュージックのお話、
新しい曲、そしてついに語られる次なる作品の構想?!
山口智ファン必聴の83分!!

(2014年4月29日瑞泉寺にて収録)

※瑞泉寺でのリュクサンブール公園さんのライブ&hameshプロデュースのカフェは、
2014.5.11(日)です。
http://www.hamesh-5.com/?cat=3
http://vielgluck2014.wix.com/vielgluck2014

龍潭譚&化鳥、アジアデザイン賞受賞記念インタビュー

2013年最後は、うれしい話題で締めくくります。

でたとこラヂオでも何度もとりあげました
「龍潭譚」と「化鳥」の二つの絵本がアジアデザイン賞を受賞!
受賞の立役者、グラフィックデザイナーの泉屋宏樹くんと
書家の上田普くんにインタビューを敢行いたしました。

asia design award授賞式での二人

香港で行われた授賞式への珍道中からはじまり、
風雲急を告げるアジア情勢の中、
今日本のデザイナーは何をしなければならないのか?
という問題意識を持つに至った二人の旅の顛末が語られます。
デザイナー&ものづくりを志す人、必聴の1時間15分。